FC2ブログ

不落因果、不昧因果


うっかり春の終わりに乾燥マットに押したままになっていたお花を、開けてみました。

少し色が変わっていたけど、無事押し花が出来上がっていました。(^^)/

今はベランダに咲いているのはペチュニアとバーベナーが少し・・・

この暑さではお花の管理も難しいですね。


811jp_20190811124837dd6.jpg

今年の初めにインフルエンザにかかったあと、すっきりしない体調が続いています。

おかげさまで以前の不眠症は治ったものの、食欲がない日々

毎回の食事の量が減った積み重ねで、4kg体重が落ちました。

胃のレントゲンでは異常もなく、試しに膵臓の検査もしたけど異常なし。

以前は何とかダイエットしようと思っていたのに、いざ減ってくると、なんでも美味しく食べていたころがなつかしくなります。

ウォーキングでもしようかな、と思ってもこの暑さではそれも出来ず

家の中でストレッチをしたり、夕方から外に出たりしています。







さて昨日は久しぶりに座禅会に行ってきました。

25分の座禅を2回座った後に、お茶を飲みながらの座談会があります。

その前に行われた昨日の説法は「不落因果、不昧因果」についてでした。

これが、とにかくわからない・・・(´・_・`)

それでも「法話と禅語」というサイトを読んでみて、やっとわかりました。


以下、法話と禅語より

仏教では物事を生じさせる直接の原因を「因」といい、間接的な原因、即ち「因」に加わる事情、条件を「縁」といい、それによって生じるものを「果」となす。
例えば、一個の豆の種があり、これを「因」と云い、水をやり肥料を与えるこれが「縁」、そして実がなるこれが「果」
悪い「因」でも良縁が加わればいい果が得られ、良い「因」でも悪縁が加われば悪果となる。

つまり私たちが良きにつけ悪しきにつけ行った一つ一つの行為の積み重ねが、私たちの現在を造っている。


かなり省略しましたが、こんな感じです。


興味のある方は、「不落因果、不昧因果」で検索してみてくださいね。












スポンサーサイト



2 Comments

ソカロ のゆうです!  

ありがとうございます。

不落因果、不昧因果・・・ですか、すぐに意味は分かりませんでしたが、なるほどと・・・
確かに私も思うのですが、過去の自分の選択や行いが今の自分を作っているのだと思います(意味間違えていませんか? 笑)しかも、自分の好きな(良いと思う、また、正しいと思う、そして、楽だと思う)選択をしているわけで現在の自分の立場はほぼ自分が作り出したものだと思います。って、初めてのコメントで(ですよね?)こんなことを書くなんて(汗)座禅をしたこともありませんし、説法を聞いたことも少ないです。昔、寺に習字を習いに行っていたことがありました。小学生の頃。当時寺は馴染みがあり、お坊さんとも普通に接していました。境内では夏にセミ捕りが当たり前でしたし、特別な場所ではなく馴染みの特別な場所!って感じでよく寺に足を運んでいました。今では墓参りの時にだけ行く場所になってしまいましたが、落ち着く場所であることには変わりません。座禅してみたいと思います。

さて、クールビッツさんは「ルート・ブリュック展」に行かれたんですね。有名ですがあまり知られていないのも事実かもしれません。この方・・・陶板、本当に凄いです。初期の頃の作品は知っていて憧れていたのですが、後期の作品には圧倒されました。深いですね。北欧芸術!

コメントが遅くなってすみません。そして、有り難うございました。
では、では、また。クールビッツさん

2019/08/13 (Tue) 06:48 | EDIT | REPLY |   

クールビッツ  

Re: Re: ありがとうございます。

ソカロのゆうさん、初コメントありがとうございました。

> 不落因果、不昧因果・・・ですか、すぐに意味は分かりませんでしたが、なるほどと・・・
ブログで紹介した要約はあまりにかいつまんでいたので、ぜひ「不落因果、不昧因果」で検索してくださいね。

> 確かに私も思うのですが、過去の自分の選択や行いが今の自分を作っているのだと思います(意味間違えていませんか? 笑)

> いえいえ、その通りです。(^^)/

> <しかも、自分の好きな(良いと思う、また、正しいと思う、そして、楽だと思う)選択をしているわけで現在の自分の立場はほぼ自分が作り出したものだと思います。って、初めてのコメントで(ですよね?)こんなことを書くなんて(汗)

こんなこと・・・じゃないですよ~(笑)
共感していただき嬉しいです。

私もソカロのゆうさんのブログを拝見していて、美術館へ行こうって思いました。
自分の作品のために、感性を養うのに必要ですよね。

<座禅してみたいと思います。

忙しくて、体調を壊したときに、何とか無になる時が欲しくて通いはじめました。
おすすめですよ。

> さて、クールビッツさんは「ルート・ブリュック展」に行かれたんですね。有名ですがあまり知られていないのも事実かもしれません。この方・・・陶板、本当に凄いです。初期の頃の作品は知っていて憧れていたのですが、後期の作品には圧倒されました。深いですね。北欧芸術!

私もfacebookで美術館の案内で出てきて、絶対に行きたい、と思いました。
すごく良かったです
北欧美術いいですよね~。色彩が日本にない感じがしますし、どことなく遊びがあるといいますか、メルヘンといいますか・・・
日本人はどうもまじめで硬いところがあるので、お国柄ですね



2019/08/14 (Wed) 09:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い