FC2ブログ

押し花と気まぐれ日記 ご訪問ありがとうございます。趣味の押し花の紹介と、美味しいお店の紹介、体に良さそうなことなど,日々の出来事を綴ってみました。

Madame Style

ベランダで育てていたバラ・・・

今年はもう咲かないのかな?と思っていたら

KIMG1152.jpg


小さな花を3つ咲かせてくれました。

しっかりとした手入れもしていないのですが、バラの花はいつの間にか蕾をつけています。


「好きな花は?」と聞かれれば、「チューリップ」なぜなら、光に向かってすくすくと伸びていくから・・・とずっと思っていました。


でも年齢を重ねていくにしたがって、花の命が短いチューリップよりも

じっと耐えて毎年花を咲かせる「バラ」や「桜」が好きになってきました。


先日、勤務先の30代の女性が「もう私、30過ぎた子持ちのおばちゃんだから・・・」と、28歳の同僚に話していました。

「え~っ、そんなら私なんてどうなっちゃうのよ」と思わず私がひと言・・・


思い起こせば、短大を卒業して働き始めた時、「もっと勉強すれば良かったな、上の学校に進めば良かった。でも戻れない」と
20代の私は思ったものでした。


30代になった時は、「あ~ついに30代か、若くないな」と想い、

40代になった時は「もう完全におばちゃんだ」とがっかりしたものでした。


けれど今にして思えば、なんて若かったのかと、懐かしく思います。
40代なんて太る心配なんてしなくて良かったし、お肌だってまだつやつや。

20代30代は学びたいと思えば学べたし、道を踏み間違えたと想えば直せたし・・・何より結婚も

けれど若い頃は良かったと思っても、振り返ってみれば若い時にはその時の悩みもあったものです。


きっと60代になった未来の私は、今の私にまだ若いんだよ・・・とつぶやくことでしょう。


物覚えは悪くなり、腕もひざも痛くなり、お肌のたるみも気になりますが、

健康で自分の時間もある、今に感謝しなくてはいけないな、と思います。


KIMG1153.jpg


先日、こんな本を買いました。ニューヨークで出会ったマダムのファッション写真集「Madam Style」

日本の女性は年をとると、地味な色を着る傾向がありますが、それは個人的には避けたいなと思っています。

若い時は綺麗で当たり前、年を重ねてからが、その人の魅力の差が出てくる気がします。


20年後「お洒落なおばあちゃん」であるように、
運動をしてスタイルに気を付け、髪も肌もお手入れをして、そしてしっかりと自分の一生の仕事を持ち、
何が一番自分に似合うスタイルかを見つけていきたいなと思っています。


そしてこの本を買った理由は、こんな女性が身に着けるアクセサリーを作ること。

肩こりに悩みながら、メガネをかけて、悪戦苦闘していきま~す。









スポンサーサイト