FC2ブログ

押し花と気まぐれ日記 ご訪問ありがとうございます。趣味の押し花の紹介と、美味しいお店の紹介、体に良さそうなことなど,日々の出来事を綴ってみました。

見たかった映画

映画館で上映中は見れなかった映画、今日はやっとレンタルで見れました。

「僕たちは世界を変えることができない」

「何か物足りない毎日を過ごしていた、日本の大学生たち」が、カンボジアに小学校を建てるお話です。


実際にあった出来事が、向井理さん主演の映画となって描かれています。

日本に住む私たちは、もちろん地震や不況などの不安はあるものの、
この映画の舞台となるカンボジアの人々に比べたら、どんなに恵まれているかを改めて感じます。

そして日々の生活の中、自分のことだけで精一杯だったことが、何だか恥ずかしくなってきます。


カンボシアには6700校の小学校がありますが、その中の700校が日本のNPOなどを通じて建設されたそうです。

そしてこの映画の主人公となった方は、今、医師として勤務し、今もカンボジアの学校の維持に力を注いでいるそうです。


映画の最後で歌われた、ブルーハーツの「青空」の詞が、心に沁みました。

そして、私自身も家族の中や、狭い世間の中でなく、世界の中の一人なんだ、ということを気づかされました。



ホームページ更新しました

ボンジュールoshibana

スポンサーサイト